腎臓や肝臓の機能が低下すると疲れやすくなる

体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられます。糖質と脂質は体内で燃焼されてしまえば水と二酸化炭素に変わるので、腎臓や肺から排泄されやすいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割は窒素を含んだ老廃物となり排泄する際、多少なりに腎臓に負荷が生じます。この事から、たんぱく質の摂取量には注意する重要があるんです。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で捉えれば30~40g程と言えます。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に居座り続けるようになります。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。そのため食事療法・食事制限では、適正な塩分・水分・蛋白質・エネルギー量を維持することが重要となります。食事をして摂り入れたたんぱく質は、体内でエネルギーに転じますが、ある程度は老廃物となり血液中に蓄積します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、不要な老廃物は尿として体外に追い出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に悪影響を出します。腎機能を維持する上で、たんぱく質の摂取量には気を配る重要があるんです。とは言っても、たんぱく質は健康な肉体を維持する上で不可欠な栄養素であるため、適量は摂り入れるようにしましょう。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外たんぱく質が多くふくまれています。おやつには豆類や乳製品が内蔵されているため、エネルギーを摂取しようとして食べ過ぎると、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個相当のたんぱく質がふくまれます。浮腫が際立っていたり尿量が明らかに少ない場合、塩分のみでなく水分の調整ももとめられます。この場合 飲み水だけではなく、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫自体が無い又は軽度の場合は病理制限を設ける項目は塩分だけになります。水分量の病理制限については病状や尿量により医師が判断します。脱水状態に陥ると腎臓機能はどんどん低下していきますので自分勝手な病理制限はしてはいけません。慢性腎臓病における食事療法・食事制限の意味合いは、腎臓病を極力進行させない事と、現在の健康状態のキープです。人工透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法・食事制限を基に腎不全の進行ペースを抑えられ、透析を始める時期を遅くしていけます。更に言えば、人工透析開始後も、なるべく体調を崩さずに人工透析に望むために、食事療法・食事制限は非常に重要な治療法です。腎臓病に罹っても食事療法・食事制限を厳守すれば、体内に老廃物や毒素は蓄積されていきません。老廃物が蓄積されなくなば尿毒症を予防し、慢性腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。そうとう上手にいった場合、慢性腎臓病の進行が止まっ立と言っていい程遅らせることが出来る場合もあります。食事療法・食事制限は難しいと思われがちですが、決して病理制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法・食事制限については、患者が自ら積極性を持って関わることのできる最も効果的な治療法と言えます。クレアチニンに関しては筋肉中にある物質を通じて生成される老廃物になり、腎臓に届いて分離がおこなわれた末に尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変わってきます。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が減れば、クレアチニンの量も減少します。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなる為に、本来の値よりクレアチニン量が低下します。腎臓病を患う方におすすめしたい、たんぱく質の控えめな調整食が存在します。これらを上手に活用するのが長続きのコツです。腎臓の機能が落ちていく程、現状以上に細かに食事を管理する重要があるんです。その他に、糖尿病を患う方なら血糖値をキープする観点から、エネルギー量にも病理制限が生じます。自己の判断で適当に献立を決めずに、医師や管理栄養士の指導を受けて決めるようにしましょう。カリウムは水溶性の成分であるため野菜・芋類を含んだ食事をつくる場合、細かく切り分けて水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、使用する食品の種類(まずはこれを把握することが第一歩となるでしょう)や調理の際の形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮さPR:疲れを取るサプリ