糖尿病性腎症の食事制限はたんぱく質も制限する

多種色々な栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を適量摂ることが、糖尿病を患った方には非常に大切な食事法です。それぞれに適したエネルギー量があり、その範囲内でバランスのよい食事を摂取するためにひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。普段私たちが食べている食品を食品交換表で照らし合わせてみると、そのうち最も多い栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を元に、6つの食品グループと表で示し調味料とは分けて、80kcal(1単位)のエネルギーを含む食品の重量を掲さいしています。食品交換表を活用することで、料理の種類も豊富になります。2型糖尿病や肥満のリスクを避けるためには体内時計を整えておく必要があります。わたしたちの体内で日常的におこなわれている糖代謝・脂質代謝、あるいは睡眠・体温・血圧など、日内リズムに沿ったそれらの生理機能は、「体内時計」によって制御されています。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。ききなれない「時間栄養学」とは、「体内時計を考えた栄養学」をさします。これまでの栄養学でいわれていた「何をどのくらい食べるか」に、体内時計の特質を踏まえた「いつ食べるか」を加えて、食事のリズムと効果の関わりについて調べる新しい研究分野です。一般的に、糖尿病にはつらい食事制限が付きものと大抵の患者さんは捉えます。ところが、糖尿病になったからといって、大抵の食べものを摂ることができます。「食事療法」には、これといった限定されたメニューがあるワケでは無くて、食品にふくまれる栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)の種類とバランス・自分に必要な総摂取エネルギーを工夫しながら実践することが目的です。こうした食事療法の目的は、糖尿病の方だけに必須な条件では無くて、常々皆さんが意識(高く持たないと成長できないといわれています)して考えないといけないということです。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、どうしても夕食が多くなってしまいます。どんなに忙しくても、食事は20分かけてゆっくり食べることです。食事に時間をかけることで、血糖値の上昇を抑えたり、満腹中枢が満足したりするからです。シゴトで時間が取れなくても、食事を5分ほどですませるのは避けましょう。血糖値を下げるには食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん食べて下さい。糖質の多い食品(ポテト・コーンなど)は意識(高く持たないと成長できないといわれています)しながら摂ってちょーだい。医師から指示されている1日の総摂取エネルギーが1600kcalの場合、1日20単位の食品と置き換えることができますが、栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)のバランスを考えることが重要になってきます。「食品交換表」には、代表的な外食メニューも載っています。日常的に、カロリーや栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を掌握しておくと便利です。なかには薬物療法を行っている患者さんもいると思いますが、食べるタイミングを間違えると条件次第では低血糖を誘発するおそれがあるので留意してちょーだい。献立をマンネリ化指せない工夫をしたり、外食の仕方にもアイデアを取り入れて、充実した食事療法を行ってちょーだい。いわゆる糖尿病性腎症とは、インスリンという血糖値を下げる役割を担ったホルモンが上手く働かなくなり、慢性的に血糖値が高くなる病気です。糖尿病性腎症の治療には多くの時間が必要ですが、その目的は正常なバランスを維持するための体重・血圧・血糖・血清脂質の管理を継続することで、その他の病症を合併する可能性を避けることができ、健康な人と同様に活動的な日常生活や人生を謳歌できるよう努めることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、糖尿病性腎症の悪化を防いで、その他の合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)や動脈硬化症への予防にもつながります。人は歳と共にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。したがって、血糖値が上昇しやすくなります。とりワケ食事の後は、ブドウ糖が体内へ一気に取り込まれるため血糖値が上がります。血糖値上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事の際、野菜から先に食べる食事法です。食物繊維(寒天に多く含まれていることから、寒天ダイエットが流行したこともあります)(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)を豊富に含むゴボウやキャベツといった野菜は、他の食べ物の消化吸収を緩やかにする作用をもたらします。食事や麺類といった炭水化物にふくまれる糖質の吸収もゆっくりとなるため、体内にブドウ糖が吸収されるのを和らげます。1型糖尿病性腎症・2型糖尿病性腎症・その他の糖尿病性腎症が、主な糖尿病性腎症の種類です。そのうち、日々の食生活や生活習慣の影響は大きく発症率の高さで最も多いのが、「2型糖尿病性腎症」です。自覚症状が出ないため血糖値の高さにも気づかないことが多いですが、何かと病状悪化の原因となり多くの合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)を引き寄せてしまいます。適切でない食習慣は2型糖尿病性腎症の原因にもなりかねないので、治療の目的として食生活の改善が重要です。体重や血糖をコントロールし糖尿病性腎症性の合併症(時には、手術や検査などを受けたことが原因となって発症することもあるでしょう)を予防、そのうえ悪化を食い止めることも食事療法の主旨です。糖尿病性腎症予備群と言われた事のある方のなかには、「自分には何の自覚症状もないから、好きなものを食べて、運動をしたりする必要はない」と思っている人がいるかも知れないのです。自覚症状のない病気の場合は、意識(高く持たないと成長できないといわれています)して生活の改善をはかることはめずらしいことです。そのうち、次第に境界型という糖尿病性腎症になってくると、からだの中では、すでに変化が起き始めています。例えば、血糖値を下げるホルモンであるインスリン値に異常が出てくる反応は、糖尿病性腎症と診断される前の段階からあります。「緩やかな糖質制限食」は、1食につき摂取する糖質が40gまでとされています。毎日3食バランスよく食べて、なるべく食事を少なくすることが大切です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありないのです。「カツ丼とざるそばセット」のようなものも同様です。要するに、糖質過多の食習慣はよくないということです。糖質制限の考え方からも栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)の豊富な幕の内弁当と食事の量を減らすことを、すすめています。「緩やかな糖質制限食」では、カロリーはあまり気にせず、野菜、お魚・お肉はたくさん食べましょう。あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>糖尿病性腎症 食事