クレアギニンEXの効果は頻尿改善だ!

腎臓病を発症した方の行う食事療法の趣意は、腎臓病の悪化を食い止める事と、健康状態の維持になります。透析実行前のいわゆる保存期の方ならば、食事療法次第で腎不全の急激な悪化を食い止められ、結果として透析の導入時期を遅らせられます。更に言えば、透析開始後も、なるべく体調を崩さずに透析に望むために、食事療法は非常に重要な治療法です。肉・魚・卵・豆腐に関しては中々のたんぱく質が含まれていますし、食べ過ぎないように工夫する必要があります。甘い食べ物の場合でも意外な事にたんぱく質が多く入っているのです。お菓子は小豆や牛乳・卵を活用して作られているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、たんぱく質をとりすぎてしまう可能性があります。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個に近いたんぱく質が含まれます。腎臓病でも食事療法が適切であれば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。だいぶ効果が出た場合には、腎臓病が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせられるケースもあったりします。食事療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に手掛けられる最善の治療方法です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質が存在します。糖質と脂質は体内で燃焼されることにより水と二酸化炭素に変化し、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質は分解されると7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に多少なりに腎臓に負荷が生じます。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体を維持するための最小限のたんぱく質は体重1kg毎に0.6g/日要し、一日分で現すと30~40g程になります。腎臓病と格闘する方に有用な、低たんぱくの特殊食品があります。こうした製品を上手く活用する事で徹底した食事管理を行えます。腎臓の機能が低下するにつれ、より厳しく食事を徹底しないとなりません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、クレアギニンEXも伴います。自己の判断で適当に献立を決めずに、専門の知識を有する栄養士や医師の指導の元メニューを決めるようにしましょう。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓に届いて分離が行われた末に他の老廃物共々、尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉の量が低下すれば、合わせてクレアチニンの数量も減るわけです。また、妊娠すると、尿から排泄するクレアチニンの量が高まるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。食事を元にして得たたんぱく質は、人体の代謝機能によりエネルギーに移行しますが、一定値は老廃物に変わり血液中に残留します。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、無駄な老廃物は尿を出す際に一緒に排出されます。たんぱく質を摂りすぎると、老廃物が多くなって、腎臓にもたらす負担が増加します。正常な腎機能であるために、無用なたんぱく質は摂らない方が良いのです。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、不足しないように補給する必要があります。水に溶けやすい性質を持つカリウムで野菜・芋類を含んだ食事を作る場合、細かく切り分けて水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事でカット可能なカリウムの度合いは、その種類や調理するときの形状・水の量・処理時間によっても異なります。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげん等の未熟豆類で30%近く除外可能です。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。腎臓病に罹ると糸球体にダメージが出るので血流が悪くなり、無駄な水分やナトリウムが体内に残留しやすい体質となってしまいます。加えて尿と共に排出されて無くなるべき老廃物に至るまで、体内に増えてきます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムの増加で高血圧を併発する可能性が上がります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を維持することが必要となります。浮腫がひどいときや尿量が少なすぎるときは、塩分に加えて水分の調整も必要になります。この場合 飲み水だけではなく、食品中における全水分が相当します。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら塩分の制限のみで済みます。水分量の制限については病状や尿量から医師が特定します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下に繋がるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。
こちらもおすすめ>>>>>クレアギニンEX効果