腎臓病の食事は手作りよりは宅配食がベストです

枝豆の形状に類似した我々の腎臓は左右に一個ずつ、腰の辺りに存在します。この腎臓には極小の血管、糸球体とよばれるものが数多く集まっています。腎臓の主なはたらきは、たんぱく質の代謝により生じた血液の中のいらないもの、老廃物や毒素といったものを尿の中に排出します。体内の電解質の濃度を一定に持続したり、赤血球を作るホルモンや血圧調整、骨組織に必要なホルモンを造り出すなどの私たちの体にとって必要不可欠な役割を担っています。腎臓病が進行して腎臓のはたらきが弱くなると腎不全へと推移します。病状が急速に悪化する急性腎不全と、長期間にわたり徐々に腎機能が悪化する慢性腎不全があります。急性腎不全の場合は、病状にふさわしい治療と容体が悪くなった原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)を理解・解決することによって、腎機能の回復が見込めます。慢性腎不全については、その特徴により回復の見込みが薄くなり、徐々に腎臓の機能が失われます。近頃、腎臓病の方が増えていることが問題となっています。腎臓は尿を作る臓器で背中に二つあって体の中で不要となった老廃物を体の外に出したり、あるいは電解質のバランスを保ったり、血液が酸性に傾くのを防いだり、血圧をコントロールしたり、赤血球を作るはたらきをしたり、たいへん重要なはたらきを私たちの体の中で行っています。言うまでもなく、腎臓の治療は病院を来院し相応の対処も必要ですが、毎日のご飯や生活習慣を改めることの方が大切です。 腎臓の機能に異常が顕れた時は、完治することは非常にまれで多くは慢性腎不全に推移します。ですが、医療技術の進歩によって最近では早期治療を早めることで、腎臓の機能低下を最小限に抑えたり、遅延も見込めます。末期の腎不全であっても回復の望みをすっかりあきらめる必要はなく、いわゆる腎代替療法(透析療法や移植)とよばれるものにはそれぞれに応じた治療法も加わり、患者自身の現状に照らし合わせた治療を見つけることが可能です。腎臓病にはDNAに起因する腎炎から、感染などで後天的に起こるものまでさまざまですが、早期発見の為にも習慣的に健康診断をうけ、日常的に規則正しい生活を続けることにより気力・体力に満ちた日々を過ごせるでしょう。けれども、ある腎臓病に関しては日常に支障をきたさないものもあるため、予防がナカナカ難しいのも現実です。たとえば、いつ持とはちがう尿が出た場合は、医師の診断を仰ぎ自己判断を避けましょう。CKDの治療には薬物治療とご飯療法がメインとなり、それらのしっかりした管理がCKDの進行を抑えます。そのためのご飯療法は減塩・蛋白制限がメインとなり、減塩食は高血圧において治療をしやすくし、蛋白制限食においては腎機能の抑制についてよい結果が得られています。減塩6g/日・蛋白制限 0.6g/kg×体重/日、この数値はCKDステージ3に対して推奨されたものですが、これは日本人の平均的な塩分・蛋白摂取量の約半分であるために、蛋白制限食は美味しくない、栄養が足りないなどという意見で、実行に移せない方がたくさんいます。理想的な蛋白摂取量は、体重1kgあたり大体0.8gとされています。もし標準体重が60kgくらいであれば、一日のたんぱく摂取量は、だいたい50gになります。食品における蛋白含有量をしりたければ食品標準成分表で捜してみて参考にするとよいでしょう。蛋白量に関するご飯療法については、栄養士の指導で自分なりのアイデアを取り入れることも可能です。開業医さんの中にはご飯指導が難しい場合もあるので、腎臓内科のある近隣の病院を紹介してもらい、そこで専門的な意見を伺うこともよいかと思っております。慢性腎臓病に関しては、腎臓の機能が明確に改善することは少ないので、だんだんとカリウムの排泄能力が低下していくことが多く、体内へ摂取したカリウムの量と尿へ排出されるカリウムの量を調整しなければならず、必要に応じてカリウムの摂取を抑えていくことが不可欠です。野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)にも健康にもいいでしょう)や果物のエキスを凝縮した野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)にも健康にもいいでしょう)ジュースは、生の野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)にも健康にもいいでしょう)や果物とくらべてふくまれているカリウムが、エラーなく多量です。もし、腎機能にハンデを負った患者さんが、普段からよく野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)(女性のみならず、現代人にとっては永遠のテーマかもしれません)にも健康にもいいでしょう)ジュースを飲んでいると、高カリウム血症に罹患するリスクが高まります。腎臓の負担を軽減するためには、減塩することが大事です。食塩摂取量の目安として望まれるのは、一日6g未満です。一般で目にする加工品や塩分多めの食品よりも、生の食品を摂りましょう。煮物や汁物などには、天然だしの使用をお奨めします。天然の味をおいしく食べることができます。肉・魚・卵・大豆製品・乳製品には、たんぱく質が多くふくまれます。たんぱく質の制限を必要としている方にふさわしい食品として「低たんぱく食品」も選択肢のひとつです。具体的な使い方については、管理栄養士に相談してちょうだい。毎日のご飯についてどんな食品をどのくらい摂ればよいか、また献立の工夫や、あるいは食塩の抑え方などを指導します。治療用特殊食品の使用は、低たんぱくご飯療法の基本となりますので、それらの種類にはどんなものがあるのかや、その使い方なども教えます。それぞれの患者さんが、実際どれほどのたんぱく質や食塩を摂っているのかを調べます。1日24時間の蓄尿の検査から計算します。尿の中へ尿素窒素やナトリウムが排出されるので、日中の排泄量を調べることで、どの程度たんぱく質や食塩を摂っているのかをしることが可能です。こちらもどうぞ⇒腎臓病 食事 宅配